外壁塗装には重要性あり!|何時までも住めるHOMEへ

担当業者

コーティング剤について

住居

草加市などでの外壁塗装にも使用されているガラスコーティングとは、無機成分であるガラス質を中心として作られたコーティング剤のことを言う。また、そのようにして出来たコーティング剤を塗布することを言うときにも使われる言葉である。無機成分のガラス質とは、主に二酸化ケイ素を指す。またの名を「シリカ」と呼ばれるこの成分は、固形化すると水晶になる。撥水性が特徴のひとつである。そこから、自動車の車体や建物の外壁のコーティングへの効果を期待され、使用されている。そのほかの特徴として、紫外線や酸性雨などの自然環境に強いというものがある。これは、無機質であるがゆえの特徴である。コーティング剤としては、二酸化ケイ素を中心として出来た「ガラスコーティング」と、他の有機成分と混ぜて作られた「ガラス系コーティング」とがある。ガラスコーティングは、その安全性の高さと防汚性の高さで、優れたコーティング剤として認識されている。また、無機成分であるため外の環境に品質が左右されることなく、長持ちするのも特徴のひとつである。
草加市などでの住宅のフロアコーティング、外壁塗装などのリフォームや、自動車のボディコーティングに使われる。二酸化ケイ素(シリカ)は、一度固形化されると数百度の熱を当てても液化することがなく、他の成分と融合することがない。不燃性があり、安全に使用することが出来る上に、汚れを付着させることがなく、汚れたとしても水洗いで落とすことが出来るのである。無機質であるため人体に影響を与えないということも、高い安全性を実現している理由であると言える。上述のように、ガラスコーティングには「コーティング剤」として、従来のポリマー(樹脂)によって作られている物よりも優れた点がある。ただし、ガラス系のコーティング剤と呼ばれるものも存在しており、これはガラスコーティングとは似て非なるものとして認識されるべきものである。ガラス系コーティングは、基本的には二酸化ケイ素などの無機成分に、有機成分であるポリマーなどの成分を配合したものであるということである。「ガラス系」と呼ばれる幅は非常に広く、90%以上がポリマーで、ガラス質が1%程度の含有量であっても、このように呼ばれることがある。

外壁を良い状態へ

一軒家

外壁塗装を行なうことにはメリットがあります。それは、建物の外観を良くするということだけではなくて、建物そのものの耐久度を向上することも可能だという点がメリットなのです。

詳しくはこちら

外壁塗装のメリット

作業者

外壁塗装には「紫外線ダメージ予防」「雨漏り防止」「外観イメージの変化」といった3つのメリットがあります。草加市では外壁塗装をして、手軽にリフォームを行なう住宅が増えています。

詳しくはこちら

雨漏りの原因と改善策

不動産

雨漏りは主に屋根の劣化が原因です。棟板金が浮いている、瓦がズレている、漆喰が劣化しているなどが原因で雨漏りが発生します。屋根に登って行なう工事は危険なので、必ず業者に依頼しましょう。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 外壁塗装には重要性あり!|何時までも住めるHOMEへAll Rights Reserved.